日本の有名アート作品が鑑賞できるカジノはどこ?

日本のアートスタイルの種類

日本におけるアートには以下のようなものがあります。

  • 書道 – 芸術的に文字を書くスタイルのひとつです。
  • 古代の陶器 – 縄文土器は日本古代の陶器で、丸くて底の部分が小さいのが特徴です。
  • 彫刻 – これは絵画や彫刻用のお店で粘土から作られる彫刻です。
  • 墨絵 – 書道と同じ筆や墨を使います。
  • 折り紙 – その名の通り1枚の紙を折ってさまざまな作品を作ります。切り紙は紙を切って何かを作ります。
  • 浮世絵 – 浮世絵の多くには美しい女性、力士、風景や観光名所が描かれています。

日本の長い歴史において、アートは重要な存在であり続けてきました。文化の中心であり、人々にインスピレーションを与え続けてきたのです。

日本の有名アーティスト

日本のアートは人類史の遥か以前に生まれたもので、世界的に有名な存在となった芸術家も多数います。その一部を以下にご紹介します。

  • 葛飾北斎 – 「蛸と海女」(1814年)は浮世絵の傑作です。
  • 富岡鉄斎 – 洗練された技術とスタイルを持つ日本画家。
  • 藤島武二 – 「東海旭光」(1932年)はフランス時代の活動と風景を元に描かれました。
  • 河鍋暁斎 – 「虎図」は水彩画の傑作です。当時は風刺画家として知られていました。
  • 吉田博 – 「富士拾景 河口湖」。

アートが日本人の暮らしの中で重要な役割を担ってきたことを受けて、私たちは日本のアートがカジノに展示されているのか調べてみました。

日本では長い間、カジノとギャンブルが禁止されてきました。2018年に行われた日本におけるカジノ合法化の議論で、ホテルにカジノを併設する形の統合型リゾート(IR)が提案されました。ギャンブル依存症の問題を心配している政府は、依存症防止策として6,000円の入場料を課すという条件を法律に盛り込みました。さらに、IRホテルには総利益の30%を国および地方政府に収める義務が課せられることになります。 

現時点では、カジノの受け入れが予定されている段階でしかないため、日本の素晴らしいアートコレクションの数々は各地の美術館に展示されています。ここでは日本で訪れてみたい美術館をいくつかピックアップしました。

  • 森美術館 – インスタレーションとアート作品を展示しています。
  • 箱根 彫刻の森美術館 – 多彩な彫刻や絵画を展示しています。
  • 興福寺 国宝館 – 書籍、絵画、法具といった価値の高い文化遺産を展示しています。
  • 札幌芸術の森 – 74の彫刻が展示されたサッポロガーデンがあります。
  • すみだ北斎美術館 – 18~19世紀のアートが展示されています。
  • 豊田市美術館
  • 福岡アジア美術館 – 幅広いアートコレクションを所蔵しています。

国立美術館 – 日本の特別なアートや遺物の数々を所蔵しています。

日本ではカジノがまだ建設されていませんが、海外のカジノには日本のアートが既に所蔵されていることが調査でわかっています。ラスベガスの「ベラージオ」や「ウィン・リゾート」には、既に日本のアートコレクションがかなり所蔵されています。草間彌生は日本のアーティストで、現代アート、絵画、さらにはファッションの分野で有名ですが、ベラージオには、そんな彼女の作品のみが飾られている部屋があるほどです。草間の2つの傑作はそれぞれ別の部屋に展示されており、「ナルシスの庭」という作品は、直径30cmほどの鉄製の球体が750個置かれた部屋に展示されています。もうひとつの傑作「無限の鏡の間」が展示されている別の部屋は、壁が鏡に覆われ、天井から吊り下げられたLEDのペンダントに照らされています。彼女の傑作は公開以来高い人気を博しています。